上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼稚園時代に劇場で見たディズニーの「白雪姫」以来、観た映画は数千本、その中で泣けて泣けてコンタクトレンズが目から涙で流れ落ちたという映画があります。笑


   
巨大な隕石が地球に落下するというパニック映画です。ロバート・デュバル、イライジャ・ウッドが主演、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮でしたが、当初は監督のオファーがあったそうですが、諸都合で製作を担当してますが、彼の息もかなりかかっていると思います。「アルマゲドン」のような似たような映画がこの後に続きましたが、やっぱりこれが最高です。


   

地球に巨大隕石が向かっていると世界的危機の状況下で、人がパニックに陥る様子、そんな中でも人の思いやり、優しさがとても心に残ったものです。政府は危機回避計画で「メサイヤ計画」を立て宇宙飛行士を送り込み隕石の破壊を試みます。もう大分前の映画なのでネタバレしちゃいますが、計画は失敗に終わり最後に宇宙船ごと隕石に追突する決意をし、家族との別れのシーン。この辺から最後まで涙が止まりません。多くの家族との別れがある映画でした。


   

2本目は「レッド・ドッグ」。オーストラリア映画ですが実話に基づいたストーリー。赤毛の犬が主人公でオーストラリアの超田舎で当時鉱石発掘作業の仕事を営む、荒くれ野朗達のアイドル犬になり人々の心を癒し皆に愛された赤毛のワン公のお話です。オムニバス系の映画で一人一人のストーリーが浮き彫りにされています。


   
元々大変頭の良い子で人間の言葉をよく理解できてたそうです。本名はKOKOちゃん。撮影後あちこちの動物シェルターを回り、寄付金集めなどのボランティアに勤めたそうですが、残念ながら心臓病で8歳に虹の橋の向こうに行ってしまいました。映画のストーリーでは飼い主が事故死してしまい、彼を待ち続け、帰って来ないと分ると広大なオーストラリアを飼い主を求めて旅をしたという、ハチ公のオーストラリア版のようなお話です。

  
    

3本目は邦画です!今となっては邦画はあまり観る機会がありませんが、この映画は当時映画館で鑑賞しました。松本清張の「砂の器」。何回かリメイクされていると思いますが、この映画版の右にでるものはないと思います。配役も映像も原作者の清張さんでさえも絶賛したそうです。


    

父親役の加藤嘉さん、この人はセリフを言わなくても感情が伝わってくる素晴らしい演技でしたね。親子で巡礼に出かけるシーンから涙が止まりません。コンタクトがこの時滑り落ちてしまい、でも頬っぺたに付いてたので失くさずにすみましたが、メガネをして観るべきだと後悔しました。笑
現在でも東宝シネマなどで再上映されている秀作の一本なので、観てない方はぜひDVDでもどうぞ。

    


    
 

風もなく湿度が高くて蒸し暑い朝、いつものお散歩でカマービーチに。

   
 

どんより曇ってるけど海はまだ静か。魚釣りに来てる人が何人かいる。


 

ビーチを歩くだけで、ジットリ汗が出てくる。雷も鳴ってたけど、今後のお天気は?

 

お散歩は朝夕毎日365日欠かしません。この子達のお陰でグータラして増えてた体重も少し減り、何よりも気分転換には持って来い。(^^)/

 

帰りに義姉さんの家に寄って、ホットペッパーを仕入れて来ました。激辛テニアンペッパー!

2015.08.24 お散歩
 
  
夕方のお散歩。 歩いて、、、



  
歩いて、、、



  
朝のお散歩。 歩いて、、、

  
歩いて、、、



  
もっと歩いて、、、



  

お散歩はタチョンニャビーチで終点。



 
  



2015.08.08

         

マリアナスには10年に一度大きな台風が来ると聞いていましたが、今年は2004年の台風「チャバ」から11年目、「チャバ」の翌年2005年(ニューオリンズがハリケーン「カトリーナ」で大被害があった年)にもマリアナ諸島に大きな台風が来て、それから丁度10年目。10年前の台風で我が家の天井も落ちて、ほぼ全壊し倉庫を改造して避難生活をした事もありました。今回はテニアンは全壊した家も何軒かありましたが、サイパンのその被害には及ばず、台風の翌日から一部の人を除いては普通の生活に戻ることが出来ました。サイパンでは今でも500人の住民が避難所生活、600人が赤十字の食事の供給を受けているそうです。台風通過後の様子はまるで戦場のようで、自分も過去に経験があるので、家を失った人の心情は痛いほどわかりますが、ストレスの毎日体調を崩さないよう、いつもの日常が一日でも早く戻りますように心から願っています。

台風13号の直撃を受けたサイパン、北マリアナ諸島ダイビング事業組合からのアナウンスclick here 




   

「クマのパディントン」はイギリスの作家マイケル・ボンドの児童文学作品に登場するクマのキャラクターです。「パディントン」はイギリスの鉄道の駅の名前で、パディントンは子供達にも親しまれている縫いぐるみでも有名ですよね。

  


映画化するとなった時、原作者のマイケルさんは、あまり気がすすまなかったそうです。架空のパディントンのイメージが映像ではうまく描かれないと思い、当初映画化にはシブっておられたそうですが、実際映像になったパディントンは生き生きとした、この上なくキュートでハートのあるクマに仕上がっていました。後見人となるブラウン一家の愛情も細やかに描かれ、とてもステキな映画です。5月中にも数十本の映画を観ましたが、私にとっては、これが最高の映画だったとは、パディントンあっぱれ!です。

Paddington (2014)

PG  |  95 min  |  Comedy, Family  |  28 November 2014 (UK)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。