FC2ブログ
8月5日、テニアンダイナスティーホテル、ボールルームにて「The Manhattan Project and Tinian」と題したイベントが開催されました。広島と長崎に投下された原子爆弾のプロジェクトに関わった科学者や原爆投下のミッションに関わった第509航空軍の退役軍人、またはテニアンの戦記を研究してDVDにも収録したアンダーソン・ギル教授などの講演があり、マリアナ諸島の知事を始め主要官僚達や広島広陵高校の生徒、一般市民(私を含め)が揃って参加をしました。

    


    

パンフの写真に写っているようにテニアンには3箇所の原爆組み立て工場がありましたが、現在は道が切り開かれ3箇所の工場跡に比較的行きやすくなっています。向かって左手前の白い敷地は「ハイテクエリア1」ですが、原爆のアセンブリーなども行なわれたエリアでもあります。今ではこちらも小道が切り開かれて目印の看板が立っています。

シンポジウムのコーディネイトをしたのは「テニアン」の著者でもあるダン・ファラレル氏です。

  
 
   

午前8時30分に講演会は始まりコーヒーブレイク、昼食ブレイクはあったもの午後5時ごろまで延々と続きましたが、私は午前の部で退場しました。


  

6日の広島原爆記念日には午前8時30分からノースフィールドの原爆搭載地点で記念式典が予定されています。







スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://michi008.blog128.fc2.com/tb.php/54-2740a5c6