FC2ブログ

娘からの要望で1987年に製作された「エンパイヤー・オブ・ザ・サン」邦題は「太陽の帝国」を観たいというので、さっそくD/Lしてみた。その観たいという理由は、主人公の男の子が「バットマン」役のクリスチャン・べイルだからぜひ観たい、と聞いてビックリ!スピルバーク監督のこの作品で当時はそれなりに話題になったものの、興行成績は今一。スピルバーグも空振りをすることもあるんだ、と思い知った作品でもあった。私も何度かHBOなどの有料放送で観たものだ。だが、あの男の子が25年後の「バットマン」だっとはつゆ知らず。そして早速鑑賞。ストーリーは第二次大戦の上海にイギリス人の植民地として裕福な家庭に育ったお坊ちゃまが戦火の中、両親と逸れて一人さまよい、捕虜キャンプでの生活、そして生死を彷徨って両親と再会するまでの、サバイバルストーリー。何故か彼は敵国の日本のゼロ戦に非常に興味を持っている。


    

当時13歳のクリスチャン・べイル


    
    

そして今ではバット・マン。撮影中にキレてスタッフ泣かせの変わり者と聞いたけど・・。

もう一つのハプニングはなんとちょい役でベン・スティラーが出ていた。まだ10代であろう、個性的な顔立ちも今と同じ。残念ながらあまりのちょい役のため、映画の中での写真が見つからない。

     ↓  ベン・スティラー

    




今では有名な俳優が過去にどんな映画にどんな役で出ていたか、「これにも出てた俳優!」



       
「キャリー」でキャリーをバカにして、その見返りに車で事故死するバカな不良少年役だったジョン・トラボルタ。


   
    

「星の王子ニューヨークへ行く」でバーガーショップにショットガンを持って突入してきた強盗役のサミュエル・ジャクソン。ほんの数分の出演だったけど、妙にインパクトがあった。
 
  

   

「ターミネーター」で冒頭のシーン、裸のシュワちゃんに「服をよこせ」と言われて、服を奪われるチンピラ役をしていたのは「タイタニック」のビル・バクストン。

  

「エルム街の悪夢」でティーンエージャーだった頃のジョニー・デップ。私が観たのはJ・デップがすでに有名になってからの事で、死んで欲しくなかったけど、やっぱり死んじゃったっけ。笑

その他、色々ありすぎて又次の機会に!









     

    


   

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://michi008.blog128.fc2.com/tb.php/179-7a9b7bf4