FC2ブログ
  
 
 

 


ちょっとして用事でスーパー、郵便局に出かけた時、フリーマーケットのショップを経営しているテスが、通りの向こう側から乳母車を押しながら、

「ママミッチ、この前はありがとう!」と大きく手を振っている。

お友達の家でヤードセールがあったので、ぜひ行ってね!と知らせてあげたのだが、フリマショップをやってるテスはお店の在庫がぜひ欲しいところ。何でも中古品を売って、それが彼女の生活の糧になる。きっと沢山の良い品を安く手に入れたので、とても嬉しかったのだろう。「沢山売れるといいね!」と手を振り返す。

車を右折すると向こう側に韓国人のアンさんが、笑顔で手を降ってくれている。2人で車を一瞬止めて頭を下げあって手を降振る。アンさんはカジノにお客を送る仕事をしているが、男手一つで高校生と中学生の子供2人の世話をしながら仕事に励んでおられる。カジノで会うと流暢な日本語で私としばしお話をしてくれる。

今度は前から中国人のゼンさんの奥さんがバイクに乗って、私を見ると手を振ってくれる。先日エアコンが壊れた時、忙しいにもかかわらずご主人が修理に駆けつけてくれた。「修理代はいらない。」と言うので、お菓子を入れた袋に40ドルを入れて無理やり渡した。暑い夜、エアコンなしで寝ずにすんだのは、ゼンさんのお陰です。感謝しています!

郵便局に行くと、郵便物の空港間運搬をしているフレミングのバスが停まっている。「何か荷物が来たかしらん?」私書箱をチェックしに行くと、フレミングのデボラが今日の配達人。私を見ると「ハーイ、ミッチ、How are you.」と手を振ってくれる。最近デボラに頼まれて英訳をしてあげた。どうやら従業員の移民局申請の際にフレミングの日本語の広告を添付したいのだそう。アメリカの移民局になってから、実際どのような営業活動をしているのかを証明する際に必要な書類らしい。気持ちよく無償で引き受けてあげたので、とても喜んでもらえた。

その後、今日うちの民宿からチェックアウトされるお客様を空港まで送迎。空港に着くと

「お部屋では、とてもゆっくり時間がすごせて快適でした!」と笑顔でお礼を言われた。滞在中、管理人の私が何もお世話をしなかったのが良かったらしい。こちらこそお礼を言いたい!「また!来てください!」と手を振ったのは、私だった。

空港を去る時、レンタカー屋のロイダが手を振ってくれていた。
小さなコミュニティーの中で優しく手を振ってくれる人達に感謝したい。








スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://michi008.blog128.fc2.com/tb.php/173-7c24b0e0