上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   

まだまだ巨匠イーストウッド様は頑張ってます。前作の「ジャージーボーイズ」とは一変して今回は戦争、それも実にリアルなイラク戦争の前線で戦う狙撃兵の実話です。主演のブラッドリークーパーは自ら体重を増やして、本人とは全く違う風貌で狙撃の達人の役に挑んでいます。

アメリカでは賛否両論、実在する米海軍特殊部隊ネイビーシールズの狙撃兵だったクリス・カイルは英雄だったのか、それとも殺人鬼とみなされるのか、観る人によってそれぞれの判断に任せるしかありませんが、映画の中のクリスは夫、父親としての自分を見失う事を恐れ、前線で故郷を思う葛藤は十分に生かされていると思いました。

前線の戦闘シーンはリアルすぎて息が詰まりそうなくらい緊張します。132分と長い映画ですが、時間がなくても時間を作って観ても損はないと思います。笑




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。